塾の活動

HOME > 塾の活動 > 第14期生 卒塾式 12月4日(日)

塾の活動

市村自然塾の活動は、金曜日の夕方から日曜日の昼までの2泊3日を1ステージとして、3月末~12月初旬まで18ステージ行っております。
※男子30名・女子30名で構成され、男女別々の活動のため塾生は隔週毎に通塾します。

第14期生 卒塾式 12月4日(日)

2016.12.07(水)
第14期生の卒塾式が行われました。18ステージの体験を通して仲間との「絆」を深め、身も心も大きく成長しました。一段とたくましくなった塾生達の様子をご覧ください。

卒塾式 第1部

●代表理事挨拶

柴田代表理事の挨拶 昨年3月6日に亡くなられた、末吉代表理事の後を引き継がれた、柴田新代表理事よりご挨拶がりました。

●来賓祝辞

コカ・コーラウエスト㈱ 顧問
久保 長 様
鳥栖市 市長
橋本 康志 様
佐賀県 県民環境部 まなび課 課長
砂後 典之 様

多くのご来賓の方々から、卒塾の門出を祝っての御祝辞を頂きました.

 

●終了証及び記念品授与

合谷塾頭より修了証の授与(男子) 柴田代表理事より記念品贈呈(男子)
修了証の授与(女子) 記念品贈呈(女子)
ステージ皆勤賞 男子(8名) ステージ皆勤賞 女子(13名)
パーフェクト皆勤賞  男子(2名) パーフェクト皆勤賞  女子(5名)

終了証を合谷塾頭より、卒塾記念品を柴田代表理事から1人1人に授与されました。入塾前よりも表情がたくましく自信に満ち溢れていました。卒塾しても夢に向かって力強く羽ばたいてほしいです。

 

ステージ皆勤賞:遅刻・早退があっても、全てのステージにおいて参加した者に贈られます。
(但し、ステージの3分の2以上の参加が条件となります)

パーフェクト皆勤賞:全18ステージ52日間(女子53日間)の塾活動において、欠席・早退・遅刻がなく
通塾した者に贈られます。

●塾生の振り返りの言葉と合唱

自然塾学んだ事や思い出を発表しました。 それぞれ色んな事を学んだようです。
胸を張って立派に発表していました。 言葉の1つ1つから成長を感じました。
「野に咲く花のように」 「ふるさと」 合唱 ピアノ伴奏「野に咲く花のように」
ピアノ伴奏「ふるさと」 9か月間の塾生活を振りかえり、自分が学んだ事や楽しかった思い出などをたくさんの方の前で堂々と発表してくれました。また、塾でよく歌った「野に咲く花のように」「ふるさと」を合唱しました。

●保護者代表の挨拶

第14期生保護者会より寄贈の目録(後述) 保護者代表挨拶
第14期生の保護者の皆様からテント5張りを寄贈して頂き、塾生の保護者(山本様)が目録を読み上げました。また、保護者会代表(長谷部様)より感謝のお言葉を頂きました。
寄贈して頂いたテントは、来年以降の塾生とスタッフ共々、大切に使わせて頂きたいと思います。

●昼食

塾生室で最後の食事です。 赤飯や豚汁をおいしく頂きました。
保護者も一緒に楽しく食事しました。 最後の食事も笑顔で食べました。

卒塾式 第2部

●あしあとの配布

あしあとの配布 9か月間の様子や変化が記載されています。
18ステージの成長の記録が「あしあと」です。スタッフが見たありのままの活動の様子が書いてあります。塾生は、初めての体験に試行錯誤しながらも、共同生活や農作業から1人1人が個性を伸ばしました。あしあとを参考に今後の生活に活かしてください。

●歌●保護者への謝辞

曲の紹介 3名がピアノ伴奏をしてくれました。
一生懸命歌っていました。 綺麗な歌声でした。
塾生より保護者への謝辞 今までの塾活動を振り返りながら「素晴らしい言葉」「歌よありがとう」「にじ」の3曲を歌いました。
男女の2部合唱が塾舎いっぱいに響き、たくさんの思い出や気持ちがよみがえりました。
また、塾生達が塾へ通えたのもお父さん、お母さんの支えがあったからこそです。その感謝の気持ちを塾生代表の大坪君が保護者の皆さんに対し読み上げ全員でお礼を言いました。

●花束贈呈

スタッフ全員花束を頂きました。 式は滞りなく行われ今年の卒塾式も大変、素晴らしいものとなりました。卒塾した14期生の塾生達には、この市村自然塾九州での経験を通して得たものをこれからの生活で如何なく発揮してほしいと思います。
長いようで短かった9ヶ月間、本当にお疲れさまでした。来年は、OB、OGとして元気に来塾することをスタッフ一同心よりお待ちしています。

●記念写真

男子 27名
女子 30名