自然塾情報
HOME > 自然塾について 目的・理念・ねらい

自然塾情報

市村自然塾の趣旨、基本理念等のご案内です。

設立の趣旨・目的

 本塾はリコーの創業者・市村 清の生誕100周年を記念した事業および青少年教育活動の一環として、2002年1月に設立し、2003年3月から運営を開始しています。
  設立当時より青少年問題の増加は、日本の教育環境がますます深刻な事態に向かっており、政府もその改善に取り組むべく、教育改革を提唱、支援基盤の整備を進めてきました。
 そこで、株式会社 リコー及びコカ・コーラウエスト株式会社並びにリコー三愛グループでは、子どもの教育改革の一助になればとの想いから、社会貢献事業の一環として、市村自然塾を設立しました。
 本塾では、子どもたちが世話人(ブラザー・シスター)と共に農作物の栽培から収穫までの体験や、多様な自然の生態や自然の原理を学び、共同生活を通じて『人として守るべきルールを身につけ、“主体性・創造性などの資質”を育む 』場を提供しています。その実践活動を通じて青少年の健全育成に寄与してまいります。

自然塾の基本理念

~生きる力を大地から学ぶ~
・自然の助けを借りながら…
・共に考え、知恵を働かせ…
・自らの汗を流し…
・自らが成長する

ねらい

~3つの心と2つの力を育む~
・自然を慈しむ心
・相手を思いやる心
・社会の一員として、社会の基本的なルールを守る心
・自分のことは自分でやる力
・安全(危険)を知る力