塾の活動

HOME > 塾の活動 > 女子第8ステージ 11月1日(日)

塾の活動

市村自然塾の活動は、金曜日の夕方から日曜日の昼までの2泊3日を1ステージとして、3月末~12月初旬まで18ステージ行っております。
※男子30名・女子30名で構成され、男女別々の活動のため塾生は隔週毎に通塾します。

女子第8ステージ 11月1日(日)

2020.11.04(水)

いよいよ最終ステージになりました。今回は、午前に餅つき、チーム農園を行いました。午後からは感想文書きと歌、および修了式を行いました。餅つきでは、男子塾生が稲刈りと脱穀をしたモチ米を使用しました。また、チーム農園では、自分たちの畑で大きく育った野菜を収穫してもらいました。全力で取り組む塾生の姿をご覧ください。

11月1日(日)

●餅つき

 

餅つきは五穀豊穣を祈って
日本人が昔から大切にしてきた神事です。
真剣に取り組むように
塾頭から話がありました。
また、籾付きの米、精米したモチ米とウルチ米
の違いを見てもらいました。

餅つき前に
モチ米を蒸している様子を見ました

   蒸したモチ米を臼に入れたら
すぐに杵(きね)で米粒を潰していきます。
 

 米粒が潰れたら
いよいよ餅つきスタートです!
声をかけ合いながらリズムよくつきます

 
出来上がったモチを切って分けます。
 
コロナの影響で今年はもち丸めは無し!

●チーム農園


可愛らしいニンジンが取れました

頑張ってゴボウを掘り起こしました 
 
ハクサイの収穫
 
立派な根深ネギの収穫
 

野菜が食べられないように害虫駆除
 

たくさん野菜を収穫しました

●感想文書き

 
 

これまでの自然塾での活動を振り返りながら
自分が成長したこと、
出来るようになったことを感想文にします。

●歌

 
「野に咲く花のように」「虹」を
鳥栖市に向かって笑顔で元気に歌いました 。
●修了式  
 

塾頭からは以下の3点の話がありました。
・コロナウイルス大変だったけど、
 皆はよく頑張りました。
・できるようになったことも増えたと思います。
・3つの約束、7つの心得
 塾生諸君へのメッセージを忘れないで下さい。


修了証授与

記念品授与
スタッフも入っての集合写真
みんな良い笑顔!
最後は輪になって
「野に咲く花のように」「虹」を歌って
全員で挨拶して終わりました。

今年はコロナウイルス感染拡大の影響で、活動内容の変更を余儀なくされました。塾生には、「やってみる、力を出し切る、失敗してそこから学ぶ、協力する、何度も繰り返して身に付ける」など、これからの成長に必要と思われる極めて基本的なことを伝えてきました。今回の体験コースで、新たにできるようになった喜びや、やり終えた達成感を感じてもらえたと思います。塾生の皆さんは自然塾九州での学びをこれからも継続して欲しいと思います。

今ステージの昼食の献立
 
  

 
 

豚肉の生姜焼き丼
ポテトサラダ
すまし汁