塾の活動

HOME > 塾の活動 > 女子第2ステージ 4 月11日(日) 

塾の活動

市村自然塾の活動は、金曜日の夕方から日曜日の昼までの2泊3日を1ステージとして、3月末~12月初旬まで18ステージ行っております。
※男子30名・女子30名で構成され、男女別々の活動のため塾生は隔週毎に通塾します。

女子第2ステージ 4 月11日(日) 

2021.04.17(土)

 

女子第2ステージが始まりました。今回のステージでは、「農業を知ろう!」をテーマに鍬打ちの練習を行いました。
また、第3ステージから実際に畑に出て行う播種や定植の計画も最終段階を迎えました。
各チームどんな作付け計画になるのかとても楽しみです。
それでは、このステージでの女子塾生の活動の様子をご覧ください。

4月11日(日)

 

●塾頭の話

塾頭から塾生へ向けての話です
はじめに黒田塾頭より悲しい報告がありました。
自然塾スタッフで農業指導補助の村山さんが、4月6日にご逝去されたことが伝えられ、全員で黙とうを捧げました。
塾生1人1人が、この自然塾生活を精一杯取り組むことが、村山さんへの良い恩返しになることを伝えられました。

●水稲塩水選、温湯消毒

 
良い籾と悪い籾を選別します
塩と卵を使って行います

選別した種もみをお湯で殺菌しています
5月のうるち米の田植えに向けて、種もみの選別と殺菌を行いました。
①水稲塩水選(塩水を使ってよい種もみを選ぶ)
②温湯消毒(種もみをお湯につけて殺菌する)
昔ながらのやり方で行い、先人の知恵に触れた時間となりました。

●鍬の伝授式

 
おいしい野菜を作ってください
午後の活動では、いよいよ鍬を使っての活動となるため、塾生一人一人に鍬を授ける伝授式を行いました。
Aチームのリーダーが代表で授与され、これから始まる農作業に向けて抱負を述べてもらいました。

●鍬打ちの練習

 
スタッフより鍬の使い方を習いました
思った以上に重労働です
一生懸命鍬をふるう塾生たち
自然塾の水田で、鍬打ちの練習を行いました。
スタッフ指導の下、鍬の持ち方、握り方、使い方をひととおり学んだ後、早速実践しました。腰を曲げての鍬打ちは、思った以上に大変で、塾生は異口同音に「きつい!腰がいたい!」と言った声が出ていました。道具の使い方を体が覚えてくれば、農作業もより楽しくなってきます。がんばりましょう!

●担当別ミーティング

 

家や学校でも実践してみよう!
作業後、研修室にてメンバー同士で係の役割分担を行いました。活動、生活、食事の3つがあり、みんなで話し合って各役割が決まりました。自分の役割を責任をもって果たしていきましょう。

●姉会議

 

塾生活を送るうえで大切な話です

昼食後、各チームのリーダー2名ずつ集まり、姉の役割の確認と、自身が考えるチームの在り方をお互いに話し合いました。その中で、まず自らが率先して動き、一生懸命行う背中を見せていってほしいことを伝えました。

●農業の話、チーム農園作付け計画(仕上げ)

 
苗の株数計算の紹介

スタッフの樋口さんより作付け計画における苗の計算や用語の説明があり、それをふまえて全員で計画を立てました。自分たちの畑が形になっていくにつれて、塾生みんな夢中になってマップや野菜の苗の計算を行っていました。

どこに野菜を配置するのか協議中

 

みんなで作付けマップ作成中

●振り返り

 

今回学んだことや気づきなどを書きます
今日一日の活動を通して、塾生手帳に感想を書き込んでいます。鍬打ちのことや、チーム農園作付け計画のこと。夢中になって取り組んだことは、手帳いっぱいに書けるものです。どんな感想をみんなが書いてくれたのか楽しみです。 

●塾頭の話

 

次回も元気に会いましょう
黒田塾頭より今回のステージで伝えられたことは、
①精一杯取り組むことが故人への哀悼の意を表すことにつながること
②挨拶をしっかり行うこと
以上の点をふまえて、次回のステージも元気な姿で来塾するよう伝えられました。 

 

自然塾での農作業において、これから最後のステージまで自分の相棒となる鍬を手に入れた塾生。自然塾から手渡された鍬を大事そうに抱えて移動する塾生の姿は、とても微笑ましく映りました。次回のステージでは、いよいよ自分たちの畑に出て、区画割り、耕起、播種や定植など、実際に自分たちが育てたい野菜の植え付けとなります。苗や種を大事に扱うことができれば、野菜はきっと大きく健康に育ってくれるでしょう。塾生みんなも大きく、たくましく、一緒に成長していけたらいいですね。

 

 

 

今ステージの昼食の献立
 シシリアンライス
 キュウリの和え物(ホウレンソウ間引き菜入り)
 コンソメスープ (コマツナの間引き菜入り)