塾の活動

HOME > 塾の活動 > 男子第5ステージ 7月18日(日)

塾の活動

市村自然塾の活動は、金曜日の夕方から日曜日の昼までの2泊3日を1ステージとして、3月末~12月初旬まで18ステージ行っております。
※男子30名・女子30名で構成され、男女別々の活動のため塾生は隔週毎に通塾します。

男子第5ステージ 7月18日(日)

2021.07.25(日)
今回は、萬歳寺での坐禅とチーム農園が主な活動でした。坐禅は集中力を高め心を落ち着かせることを目的に行いました。チーム農園では、前回に引き続き追肥をしたり誘引をしたりと植えている野菜の世話をメインに行いました。
それでは、活動に一生懸命取り組む塾生の様子をご覧ください。

7月18日(日)

 

●通塾について

 
どのような振る舞いがふさわしいかな?
自然塾では公共交通機関での通塾も学びの場の1つと考えています。今回はバスでの私語が多かったため、塾生みんなで交通マナーについて考える時間を設けました。

●坐禅の説明

 

坐禅会での目的や作法の説明


禅の組み方を習います

●坐禅会

 
萬歳寺へ向かいます
合掌一礼をして山門を通ります

「白隠禅師坐禅和讃」の唱和

石橋住職の話

姿勢を正し集中力を高めます

警策を受けます
 
文化財の拝観
集中力を高め、心を落ち着かせることを目的に坐禅会を実施しました。姿勢を正し呼吸を整えることで、自分自身を見つめ直すいい機会になったことと思います。
この時間だけでなく、坐禅の作法や考え方を今後の普段の生活にも活かしていって欲しいと思います。

●チーム農園作業計画

 

どんな作業が必要かな?
チーム農園の状態を確認した後、作業計画を立てます。
兄を中心に必要な作業を考え順番ややり方を組み立てています。

●チーム農園

 

必要な道具を準備します

まずは除草から開始

ボランティアのお父さんも一緒に作業!

集中して作業ができています

キュウリの収穫

ナスの収穫

たくさん収穫できました!

「チーム農園ありがとうございました」

●歌

 

外で歌うのは気持ちがいいですね

しっかり歌えたかな?

●振り返り

 

真剣な表情ですね!

今回の活動でなにを学んだかな?

●ボランティア挨拶

 

保護者ボランティア

学生ボランティア

●塾頭の話

 
今回は、「禅を通して自分自身を見つめ直そう」をテーマに活動しました。
塾への慣れから気持ちの緩みがでてきているように思います。今回の坐禅を通して感じたことや身に付けた集中力を今後に活かしていってください。

今ステージは、大変暑いなかでの活動でした。チーム農園は、野菜がすくすく成長していますが、同じく雑草もどんどん生えてきています。夏のこの時期しっかり頑張れるかで収穫物の取れ高が変わってきます。今後は、兄中心のチーム運営をしながらメンバー1人ひとりが自分の役割をしっかり意識して行動できるようチームワークを高めていって欲しいと思います。
 
塾生のふりかえり(第4ステージ)

A-4 堀本 大晴 『危険予測』
今回のステージでは午後に危険予測をしました。これは自然の中にある危険について知ろうという内容です。僕はあまりヘビなどを見たことがないのでちゃんとした対処法を知りませんでした。なのでとてもいい勉強になったと思います。次からああいった危険にあったらあわてずに先生を呼びに行ったりちゃんとした対処法をしたりしていきたいと思います。

B-4 松本 啓吾 『久しぶりの自然塾』
ぼくは、2ヵ月ぶりの自然塾で楽しかった。今日の活動内容は、午前に、水田などを見学し、午後は、チーム農園でじょそうをしました。2ヵ月ぶりに、農園を見たら、びっくりしました。なぜなら、草がボーボーで、ジャングルじょうたいになっていました。久しぶりに、仲間とあえてうれしかったです。さらに、昼食もおいしかったです。はやくコロナがおさまってほしいと思います。今、福岡は、まんえん防しそち(まん防)であります。ぼくは、はやくコロナがおさまってほしいです。

C-4 黒木 起祥 『今日の1日』
午前は共同農園の紹介、農園見学、チーム農園後作計画をやりました。農園の紹介ではいまやさいはどうなっているのかなどを見ました。農園見学は水田を見にいきました。ふつうの米は長くのびていたけどもち米はあまりのびてなかったので植えた日にちがちがうと育つスピードもかわると学びました。後作計画ではどんな物をうえるのかどのように植えるかなどを決めました。午後ではチーム農園をしました。いってみるとざっそうはのびていてじょそうが大変だったけどじょそうがおわってしゅうかくまでいけたのでよかったです。

 
今ステージの昼食の献立
ハヤシライス
ポテトサラダ
コンソメスープ