塾の活動

HOME > 塾の活動 > 男子第18ステージ 11月23日(金)~11月25日(日)

塾の活動

市村自然塾の活動は、金曜日の夕方から日曜日の昼までの2泊3日を1ステージとして、3月末~12月初旬まで18ステージ行っております。
※男子30名・女子30名で構成され、男女別々の活動のため塾生は隔週毎に通塾します。

男子第18ステージ 11月23日(金)~11月25日(日)

2019.11.29(金)
今回の最終ステージでは、餅つきやチーム農園閉園式、夜の集いなど塾生活の締めくくる活動を行いました。自然塾で仲間と過ごす時間を大切に、最後まで一生懸命活動する塾生達の様子をご覧ください。

11月23日(金) 第1日目

 

●塾舎到着

 

塾舎に到着し、荷物の準備
 

●塾頭の話

塾頭から塾生へ向けての話です
最終ステージになりましたが、今までとやることは変わりません。助け合い、お互い思い合って活動しましょう。ひとつひとつ真剣にメリハリをつけて取り組んで、最後にふさわしい楽しいステージにしましょう。

●歌

 

♪「あなたに」「ふるさと」

塾生の伴奏で歌いました

●出し物の順番決め

 

出し物の順番をあみだくじで決めます

結果はC、A、D、E、Bに決定!

12月1日 (土) 第2日目

 

●餅つき

 

説明

CCBJIのご紹介

まずは手本を見ます

CCBJIと保護者の方に協力していただきました

始めはしっかりこねます

力強くつきます

もち丸め

お土産用のあん丸め

きれいなお餅ができました

三種類の味付けを準備しました

CCBJIの遠藤さんからの言葉

ケーキをいただきました

昼食の時間です

いただきます!
自分達で育てたモチ米を使い、自分たちでつき、丸めたお餅を味わって食べました。大根おろし・砂糖醤油・きな粉で味付けしたお餅とけんちん汁を昼食としていただきました。
また、餡(あん)餅と白餅もお土産用として準備しました。
今回使用した“餡(あん)”は自然塾の理事企業である「株式会社 佐電工」様より提供されたものです。誠にありがとうございました。

作文の朗読

お礼に歌を歌いました

いただいたケーキと一緒に

中庭で集合写真

●チーム農園

 

最後のチーム農園がはじまりました

ダイコンの収穫

根深ネギの収穫

カブの収穫

収穫後は全ての畝を耕起し平らにします

全員で耕起しました

きれいになった畑で相撲をとりました

塾頭との一戦

スタッフも全力です

チーム農園今までありがとうございました

このあと返還する看板を丁寧に洗います

最後の道具点検

●チーム農園閉園式

 

クワの返還

看板の返還

兄が感想を述べました

兄たちに拍手を送りました
第1ステージからチームごとに育てる野菜や作付け面積などの計画を立て、第3ステージから始まったチーム農園。多くの野菜の栽培を通して、食物をつくることの難しさや、仲間と協力することなど、様々なことを学んできました。塾生は、多くの学びを与えてくれたチーム農園への感謝を胸に閉園式に臨み、マイ鍬・チーム看板を返還しました。
 

●夜の集い1部(出し物・フォトムービー)

 

Cチーム

劇「名探偵」

Aチーム

劇「野菜ドロボウ」

Dチーム

劇「ももたろう~自然塾バージョン~」

Eチーム

舞踊「ハカ」♪馬と鹿

Bチーム

劇「しゅん太郎」

フォトムービー上映
 

●夜の集い2部(灯~ともしび~)

 

兄が塾頭から自然塾の火をもらいます

火の守からのメッセージ

兄が火を分け与えます

「灯への思い」を朗読。(後述)

仲間への思いを話してもらいました

歌「あなたに」

夜の集い第1部では、楽しい出し物とこれまでの思い出がたくさん詰まったフォトムービーを見ました。これまでを思い返し、笑ったり、少し悲しそうな表情を浮かべている塾生もいました。そして、第2部は、火を灯した燭台を囲んで1人1人の思いを語ってもらいました。楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいます。1ステージから18ステージの54日間での経験や仲間との繋がりは、かけがえのない物となったでしょう。

 夜の集いで、塾生へ向けたメッセージです

「灯への思い」

『ろうそくの火は、はかないものだ。燃える時間は短く、すぐにその終わりを迎える。
でも、その終わりを知っているからこそ、ろうそくの火は一生懸命に燃えている。』

市村自然塾 九州という、塾舎のもとに、
学校も、学年も違う仲間が30人集い、汗を流し、語り合い、友情と絆を確かめ合ってきた。
こんな時間が、もっともっとあればいいのに・・・。この瞬間が、ずっとずっと続けばいいのに・・・。
でも、別れの時はすぐそこまできている。
人生は、旅。そして、私たちは旅人。
旅をする中でたくさんの出会いと別れをくり返しながら、少しずつ大人になっていく。

 『ろうそくの火は、はかないものだ。燃える時間は短く、すぐにその終わりを迎える。
でも、その終わりを知っているからこそ、ろうそくの火は一生懸命に燃えている。』

今も続いている、短い「ときめき」の瞬間を、これからも一生懸命に生きていこう。
私達の心の中で、20年経っても、30年経っても、
「自然塾の火」が、あたたかい光を灯し続けるように。
離れ離れになっても、18ステージ、54日間の塾生活が育んだ絆は、決してほどけることはない。
だから、また会える日が来る事を強く強く、願っておこう。

一人は、みんなのために。 みんなは、一人のために。
君達がお互いのことを思いやれる良き兄弟になれて、本当によかった。
心から ありがとう・・

 

11月24日 (日) 第3日目

 

●共同場所大掃除・食事準備

 

研修室清掃

風呂掃除

水路の清掃

おいしい食事をありがとうございました

●卒塾式の練習

 

姿勢を正して座りましょう

卒塾証書授与の練習

●やまももの会の代表決め

 

男子はこの2名に決定しました

拍手

●塾生室大掃除

 

お世話になった部屋の掃除

棚の中までピカピカに

●締めのあいさつ~帰宅

 

塾頭より締めの挨拶

最後は全員で挨拶

市村自然塾九州ありがとうございました!

18ステージが終わります

卒塾式で会いましょう!

それまで元気で!

記念撮影☆

最後で最高の集合写真
第16期生のみなさんへ

自然塾で過ごした9か月間、いろいろなことがありました。楽しいことばかりではなく、時に壁にぶつかり悩んだこともあったと思います。でも、みんなは、それをひとつひとつ乗り越えて、18ステージまでを終えることができました。今では、苦労したこともいい思い出として心に刻まれているのではないでしょうか。私達自然塾のスタッフもみんなからたくさんの思い出をもらいました。本当にありがとう。塾での生活を通して学び身につけたことを自信に変え、自然塾でできた仲間との「絆」を大切に歩んでいってほしいと思います。

塾生のふりかえり
Aチーム:芝原 蓮翔『夜の集い』
夜の集いがありました。ぼくたちAチームは、げきをやりました。と中、スタッフさんがおもしろくて、みんながわらってくれました。ほかのチームのところのげきもおもしろかったです。ぼくは夜の集いは楽しいなと思いました。スタッフさんも出し物をしました。歌を歌っていました。にじをひいていました。すごかったです。スタッフさんはもう一つ出し物をしました。歌を歌っていました。それは365日のかみひこうきでした。どんな歌かなと思いました。いい曲でした。これがさいごのステージだったので、かなしいです。でも、OBとして来られるのでうれしいです。Aチーム今までありがとう。
 
Bチーム:野瀬 虎太朗『たのしかったもちつき』
ぼくは、11月23日にもちつきをしました。まずは、もちをつきます。もちをつくとき体力をたくさんつかったので、きつかったです。次にもちをまるめます。まるめるのはにがてだったけど、みんなにおしえてもらって、できるようになりました。あんこを入れるときは、きれいなもちができました。もちはしょうゆがいちばんおいしかったです。そのあとに、おいしいケーキもたべられました。18ステージもおわってしまうけど、みんなと協力してここまでこられました。Bチームありがとう。
 
Cチーム:笠 皓貴『たのしいもちつき
ぼくは土曜日にもちつきをしました。チームごとにべつべつに行動をしました。ぼくたちは最しょにABチームがついたもちを丸めました。次にもちつきをして、もちもちのもちを作りました。そして、Eチームがついたもちにあんこを入れました。次に他のチームのつくえをならべて、ふいたりしました。最後にはいぜんをしました。もちは約1000個つくれたらしいです。味つけはほごしゃさんたちがしました。味は三つあって、きなこ、さとうじょうゆ、だいこんおろしで、いちばん人気だったのはきなこでした。

 Dチーム:樋口 拓海『ありがとう自然塾』
いよいよ最後のステージとなりました。あんなにだめだったぼくがここまでこられたのはスタッフさん、塾頭さんやお父さん、Dチームのみんなのおかげです。最後だからもちつきをしました。何回かもちつきをしたけれど、そのときはきかいでやっていたので、力仕事はしんせんでした。なんとかうまくつけました。コカ・コーラの方もきてくれました。そのときぼくが代表として作文をよみました。きんちょうしたけど、うまくいえました。夜の集いの第一部ではそれぞれ出し物をしてもりあがりました。第二部では自分でお礼の言葉を言いました。ほんとうに自然塾のみなさん、ぼくをしえんしてくれてありがとうございました。 
 
Eチーム:篠原 碧仁『最後のステージ』
とうとう最後のステージで、マイくわを返したのが悲しかったので、またマイくわに会いたいです。あと、夜の集いでCADEBのじゅんでだしものをしました。Cチームはコナンをしていました。Aチームは野菜どろぼうをしていました。とてもおもしろかったです。Dチームはももたろうをしていました。とてもおもしろかったです。Eはハカをしてじょうずにできたと思います。Bは、まんざい寺のへんをしていて、とてもおもしろかったし、とてもうまかったので、ぼくもまねをしたいです。一年間ありがとうございました。

 

今ステージの食事の献立
 
朝食
昼食
夕食
金曜日


ごはん
ハンバーグ
ニンジンのグラッセ
粉ふき芋
白菜とリンゴのサラダ
 
土曜日

羽釜ごはん
塩鮭
春菊の煮びたし
サツマイモサラダ
みそ汁 

もちつき
けんちん汁
羽釜ごはん
おでん
白菜のゆず和え
みそ汁 
日曜日

羽釜ご飯
豚キムチ
春雨の酢の物
みそ汁

カツカレー
ポテトサラダ